いぐべ YAMAGATA

山形には 愛 がある

水車生そば 鳥中華 天童市

スポンサーリンク

f:id:igube:20170526145655j:plain

創業1861年 手打ち 水車生そば

こんにちはー、山形いぐべです。

山形に住んでいると不思議でもなんでもないことですが、蕎麦屋で当たり前のようにラーメンが食べられます。全国的は珍しいことのようで、以前に「秘密のケンミンSHOW(TV番組)」の山形特集を見て初めて知りました(^。^;)

「蕎麦屋なのにラーメン??」と思うかも知れませんが、むしろラーメンを看板メニューにしている所もあるぐらいなので、ラーメン専門店と遜色ない完成度のラーメンを蕎麦屋で食べられます。

そんな、蕎麦屋だけどラーメン旨い業界(?)の代表的存在である「水車生そば(スイシャキソバ)」にお邪魔してきました。街の名物でもある「鳥中華」を食べてきたのでレビューしたいと思います。


f:id:igube:20170526150500j:plain

山形県天童市の中心部で、旅館が多く立ち並ぶ伝統的な温泉街に「水車生そば」はあります。天童市は将棋の町としても有名で、古くは織田信長公を祖先とする織田藩の城下町として栄えた町です。

「水車生そば」の店名の通り、正面入口には大きな水車が勢いよく稼働しているので、町のシンボル的存在にもなっている蕎麦屋で、創業も1861年と老舗中の老舗。約150年にも及ぶ歴史ある蕎麦屋は全国的にも珍しいのではないでしょうか。

また、お店の特長として、町の中心部ながら駐車場は約95台、座席数は約200席分も確保されている県内屈指の大型店舗でもあります。

  • 住所:天童市鎌田本町1-3-26
  • 電話番号:023-653-2576
  • 休業日:年中無休
  • 営業時間:11:00~23:00
  • 駐車場:約95台
  • HP:無

活気溢れる伝統のそば店

f:id:igube:20170526160130j:plain

15時頃に来店の遅めのランチですが、さすが県内屈指の蕎麦の有名店なので、たえず客が出入りしています。山形はそば処としても全国的に結構有名ですよね。(長野の次あたり?)

「水車生そば」はTVでも良く取り上げられていて、以前は「秘密のケンミンSHOW」、最近では「とんねるずのみなさんのおかげでした」でも取り上げられました。どちらの番組も、誉められているのか、バカにされているのか分からない内容ですが、メディア受けの良い店舗でもあります。


f:id:igube:20170528220011j:plain

座席に案内され、最初のおもてなしは、お冷ではなく、緑茶でもなく、「そば茶」でした!!

ホッと一息出来る心が休まるお茶で、今までで一番美味しいそば茶だと思います。(´∀`)


f:id:igube:20170528220022j:plain

メニュー表をご覧の通り、蕎麦づくしのメニュー構成。

お目当ての「鳥中華」が無い!....
と思いきや、メニューの左側にちょこんと載ってますよww

「とんねるずのみなさんのおかげでした」でも鳥中華が取り上げられてましたが、週5で鳥中華を食べに来るお客さんもいるようです。

どんだけぇ~(′ェ`) ですね。

実食 鳥中華

f:id:igube:20170528231339j:plain

キタ!キタ!名物 鳥中華 (´ω`)

鶏肉と揚げ玉、三つ葉に刻み海苔のトッピングは、純日本そば風にまとめられている和風ラーメンです。鳥中華の始まりは、まかない料理で作って食べてたのが始まりのようで、今では、蕎麦屋のラーメン山形代表と言っても過言ではありません!!

少し甘めの醤油の香りが、お腹ペコペコの食欲を強く掻き立てます!!!!!


f:id:igube:20170528231419j:plain

では、恒例のスープから...ズズズゥ

う、うつくしいしい(*´∀`)

蕎麦屋のラーメンは、蕎麦つゆを全面に押し出した単調な味になりやすいですが..。

なんとまろやかで、奥深さを感じる和風スープww
少し甘めの醤油スープですが、何度飲んでも飽きないあっさりとした味わい..だけど、どこかクセになりそうな‥今まで体験したことがない、コクを感じます。

最近は、煮干し系スープや豚骨系スープなどの、濃厚でパンチの効いたラーメンをメインで食べていたので、それらと一線を画すような、深いコクを感じるマイルドあっさり醤油スープに感動を覚えしまいます。


f:id:igube:20170528231354j:plain

中麺の縮れですかね?
食べる前に驚いたのは、麺を箸で掴んで持ち上げた時のフィット感がスゴいです。一般的な割り箸や通常の箸とも異なる使い易さで、「一度掴んだら放さないぞ!!」と言わんばかりな割り箸。食べやすいので他の店でも採用してほしいです。

話は少々脱線しましたが、食べてみましょう!!
ズルズルズル………

う、うまい!さすがお蕎麦屋さん!!(´∀`)

喉越しも良く、歯ごたえもしっかりある麺は、ラーメンと蕎麦の中間に位置するような立ち位置で、絶妙な美味しさを感じます。スープとのバランスを考えたら「これしか無い!!」と思わせるような完成度の高さではないでしょうか。


f:id:igube:20170528231512j:plain

このラーメンにベストマッチな、柔らかめの鶏のもも肉。
和風ラーメンには、やはり鶏肉ですね!鶏!鶏!
ラーメン全体の美味しさを引き立てます


f:id:igube:20170528231530j:plain

ふぅーーー、完食!!

天かすと刻み海苔の具材が、スープと麺に良く絡んで、一段と至福の一杯へと導いてくれます。今まで食べたラーメンで、スープを最後まで苦になく飲めたのは初めてかも知れませんね。全くの自然体で完食できました。

例えで適切ではないかもですが、カップラーメンの「緑のたぬき」を10倍美味しくしたような、めちゃくちゃ完成度の高い純和風ラーメンでした。週5回食べるのも苦にならないような、あっさりスープで、疲れたお腹にも丁度良いラーメンではないでしょうか。

蕎麦屋のラーメンも悪いないかもと再認識した、何度でも食べられる至福ラーメンでした~。



蕎麦屋のラーメン んめぇぞ!!!