読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いぐべ YAMAGATA

山形には 愛 がある

いいべぇ!山形の学校給食無料化

山形の子育て支援

スポンサーリンク

f:id:igube:20170309133217j:plain

はじめに

「仙台市山形区」と言われるほど、お隣宮城、特に仙台が大好きな山形県民。

どこの地方も、過疎化!過疎化!!過疎化!!!

世の流れといえ人の流れは、「村→小都市→中都市→大都市→東京」となるわけです。

何か手を打たないと、東北の大都市仙台にみんな行っちゃいますから!

これ流れを何としても食い止めたい地方自治体は、少ない予算で何とか「子育て支援」や「少子化対策」などの政策を考えているはず・・・

その政策の一つが「学校給食無料化」

最新の2017年度から変わる山形県の学校給食無料化を紹介します。

学校給食の始まりは山形に!

実は、給食制度を日本で初めて確立させたのは、山形県鶴岡市。

寺子屋のような所で学校を開設し、無料で食事を提供したのが給食の始まりとされています。

日本の学校給食のルーツは山形にあったのです。

知ってました?(私は最近知りました)

寒河江市

f:id:igube:20170309185637p:plain

  • 小学校の給食費を2017年度から4年かけ段階的に無料化!初年度は半額

無料化の対象は小学校のみで、中学校は対象外(残念)。
寒河江市の給食費は年間56000円(1食280円×200回)するそうです。

56000円といったら相当な金額ですね。

↓ 関連記事 ↓
igube.hatenablog.com

天童市

f:id:igube:20170309185721p:plain

  • 第3子以降と低所得世帯を対象にした給食無料化

限定的な無料化で対象が限られているようです。
低所得世代は年収300万以下が対象の予定。

スポンサーリンク

大江町

f:id:igube:20170309190256j:plain

  • 小学校6年生と中学校3年生の給食費を2017年度から無料化

小学校6年生と中学校3年生を対象にしたのは、翌年度に中学、高校に進学する子どもがいる家庭の出費を考慮したのこと。

大江町の給食費は、小学校は年間5万4880円(1食280円×196回)中学校は年間5万400円(1食280×180回)するそうです。

鮭川村

f:id:igube:20170309190216j:plain

  • 鮭川村内の小中学校の給食費を完全無料化

初年度からの完全無償化は思いっきりいいですね。
それも、小学校だけで無く、中学校までと!
これ以上ない完全無料化です。

↓ 関連記事 ↓
igube.hatenablog.com

全国的には

f:id:igube:20170309191833j:plain

小学校や中学校の学校給食を無料で提供する自治体は約55市町村あるようです。

特に多いのが、過疎化が厳しい人口1万人未満の自治体が4分の3と多く占めること。

まとめ

やはり、どの自治体も厳しい予算でやりくりしているので、完全無料化は鮭川村だけとなっていますね。

寒河江市や鮭川村は、給食無料化の財源にふるさと納税の寄付金を当てているようで、貴重な財源となっているようです。

ふるさと納税を安定的な財源にするには、相当努力しないといけませんね。

なんせ、自治体の税金の奪い合いみたいなもんですから、お役所も大競争時代に突入で、まさに「喰うか、喰われるか」

知恵と努力でふるさと納税時代を勝ち続けましょう!

頑張れ!お役所さ~~ん