読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いぐべ YAMAGATA

山形には 愛 がある

山形県民スイーツ「ふうき豆」 ~山田家ふうき豆本舗~

山形郷土料理 山形のお土産 山形スイーツ

スポンサーリンク

f:id:igube:20170225175234j:plain

「山形っこ」に長年愛されてきた、 山形郷土料理 「ふうき豆」。

某グルメサイトでは、「山田家ふうき豆本舗のふうき豆」は山形スイーツ部門で見事1位に輝くほど!

いやいや「ふうき豆は和菓子だべ」とツッコまれそうですが、これぞまさしく山形県民スイーツなんです!


ふうき豆とは?おさらい

グリンピース(青えんどう豆)を砂糖で煮詰めた豆菓子。
材料はグリンピースと砂糖だけでシンプルな、なんとも素朴なお菓子ですが、豆を一粒一粒、皮をむいているのでかなり手間が掛ります。
お茶うけとして重宝されています。


f:id:igube:20170226183238j:plain


山形駅東口から徒歩約15分、山形市本町に「山田家ふうき豆本舗」があります。

あまり目立たなく、探すのに苦労するかも。目印は「本町 バス停」、
駐車場が無いので、近くのコインパーキングに止めた方がいいですね。


f:id:igube:20170226183246j:plain


豆を中心にした和菓子がズラリ!

ふうき豆の名門だけあって、お客さんが途切れることはありません。


f:id:igube:20170226183304j:plain


価格は1個 500円~
リーズナブルなお値段なので、気楽に買いに行けますね。


f:id:igube:20170226183318j:plain


「これぞ、ふうき豆!」と言ったところでしょうか。
豆臭さがまったく無く、上品で優しい甘さ!ほのかに甘い風味もいいですね。

少しずつ、手に取って食べるのが山形流?
私は、スプーンで少しずつ食べますけど・・・

まとめ

「山形っこ」にはお馴染みの味、素朴でまじめな県民性を表しているようですね。
一度味わってみる価値のある美味しさ!お茶うけとしてはもちろん、山形のお土産としても重宝されます。

ちなみに「山田家ふうき豆本舗」はネット販売やイベント等へ出品してないので、直接、店舗に買いに行くか、問い合わせするしかありません。
この味を求めて、わざわざ買いに行く甲斐はありますよ。

↓ 「山田家ふうき豆本舗」の案内にどうぞ ↓